© 一面一途。
Powered by LOFTER

死について

死に対する感覚っていうのは、若いときから、徐々に変わってきてるんです。
こう、揺れながら。もしかすると、死んだら、前に死んだ友だちに会えるんじゃないかとか、そういうふうに感じてた時代もあるんだけど、いまは別にそう考えないんですよね。
むしろいまは、死んだあとがたのしみみたいな。だから好奇心ですね、いま一番強いのは。
ーー谷川俊太郎さんが『詩人と漫画家と、絵本。』の中で。

#1/8 金 008

评论
TOP